390445
投資部

[トップに戻る] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
Javascriptを有効にしてください。

イメージ    (画像の参照はクリアされます)
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
削除キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色

うーん  投稿者:みるきー 投稿日:2016/06/04(Sat) 20:11 No.1811

刑法第34章 名誉に対する罪

(名誉毀損)刑法230条1項

公然と事実を摘示し、人の名誉をき毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

(公共の利害に関する場合の特例)第230条の2

前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。
……………………………………………………………………………………………
簡単に言えば、不特定かつ多数人に社会的評価を低下させる事実をしめし、人の名誉を毀損した者は、それが虚偽であるかどうかは問わずにかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。ただし公益性のあることは真実であれば免責する、こういうことですね。


なんだか、軽くないですか?
私達は真実でない内容で名誉を毀損されていますので、最後の免責はあり得ませんがね。

あとは、公的機関のご指摘の偽計業務妨害でしょうか?
私的には威力業務妨害の可能性もあると思うので、そちらも合わせて内容を確認して、最も重い処罰のもので、、、と考えております。
ですが、刑事告訴はいずれか、になりますので。




こっちでも同じ  みるきー - 2016/06/05(Sun) 01:24 No.1812

1−3 信用毀損罪、業務妨害罪

経済的側面における社会的な評価や、
広く職業その他継続して従事する事務または事業を、
毀損したり妨害したりした場合に適用されます。

「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万以下の罰金に処する。」(刑法233条)

ある会社について根拠のない風評の書き込みが、信用毀損罪にあたる場合があります。

……………………………………………………………………………………………
こっちでも同じですね。

あ、最高裁での類似の判例を見つけました!
ラーメン屋さんの悪口を書き込み、訴訟になったケースです。
当たり前ですが、ラーメン屋さんの勝訴で、ネットでの影響は計り知れないし、完全に消えることがないとの判断です。




いずれにしても・・・  もりちゃんだっせぇ〜! - 2016/06/05(Sun) 19:34 No.1814

粛々と手続きをする事と致しましょう。




資料作成に全力を注ぎます  みるきー - 2016/06/05(Sun) 19:39 No.1815

しばらくは資料作成に全力を注ぎます。証拠提出は重要なポイント。
証拠資料の作成に力を入れたいと思います。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -
Antispam Version